三重県で補助金を申請したい起業様・会社設立したい個人事業主様、相続・遺言書でお困りの個人の方【加藤亜希行政書士事務所】
【補助金申請】補助金申請に特化したサービスをご用意しています。【会社設立】起業する覚悟を決めたあなたを全力で応援します!!【相続手続・遺言書作成】また、個人のお客様で、相続・遺言書でお困りの方をお手伝い致します。

相続手続きって、しなければいけないもの?

相続とは・・・

人の死亡により、「被相続人」の権利義務が「相続人」に承継されることをいいます。
(亡くなった人・・・「被相続人」、親族等の承継者・・・「相続人」)
人の死亡によって、権利義務の主体がいなくなるため、新たな主体へと権利義務を承継させる必要が生じるのです。
承継の対象となる権利義務とは、積極財産(プラスの財産)だけでなく消極財産(マイナスの財産)も含みます。
ただし、被相続人のみに帰属する特殊な権利義務(一身専属的権利義務)は承継されません。

以外と、「相続手続き=財産が多い人がするもの?自分には関係ないこと・・・」と思われる方が多いのですが、実は相続手続きは、誰かが亡くなった時には必ずしなければいけないものなのです。

相続人と法定相続分

相続人が・・☆配偶者のみ・・・・・・・・・・・全て配偶者

      ☆配偶者と(第一順位)※・・・・・配偶者1/2、子1/2 (人数で按分)

      ☆配偶者と直系卑属(第二順位)※・・配偶者2/3、直系卑属1/3 ()

      ☆配偶者と兄弟姉妹(第三順位)※・・配偶者3/4、兄弟姉妹1/4 () 

すでに亡くなっていて、かつ、子がある場合は『代襲相続』となる

加藤亜希行政書士事務所へ依頼する